FC2ブログ
2020・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2019/06/29 (Sat) 12話(11月13日 1時 トイカ)

s3(夜)

12話(11月13日 1時 トイカ)








僕にも責任がある。
・・・・というのも。
僕の紹介した女性もグラドの婚約者に入っているんだよな。
これがね。

まあ。
僕の親戚なので。
無碍にはできない関係である。





なんで。
グラドが他の女性を求めたかって。
アルフェとモーラだったら、獣人の子どもは出来ないからなあ。。。
・・・という、至極真っ当な意見だったんだけど。


実は。
グッゲンハイムの世界では母親の要素がかなり高い。
人種ということを限定すれば。
母親の要素が高い。
母親がエルフであれば、子どもはエルフ。
母親が人間であれば、子どもは人間。
父親の要素は全く関係ない。
って話なんだよな。




・・・。
・・・・・。
・・・・・・・。
ので。アルフェはエルフ。モーラは人間。
アルフェの子どもはエルフになるし。
モーラの子どもは人間になる。
それは絶対。




となると。
グラドの獣人はどうなるって話になるので。
僕の親戚の子をあてがって、獣人の娘を用意したんだよな。
これがね。





基本的に。
西大陸はこの3種類の種族がいる。
他の大陸に行ったら、他の種族がいるけど。
まあ、西大陸だったら、人間・エルフ・獣人がいる。
ってことになっている。
エルフの国もあれば、獣人の国もある。
その辺は、また、紹介するとして。
基本的に。
クロノス自治区は3種類の人種を上手く運用している。
フェルト国家も同様に運用している。
シュライン国家は・・・人間中心かな。
色々な過去があるので。





トイカ
「多分、グラドは、あまり関心がないんじゃないかな?
 正妻かどうかっていうのはどうでもいいと思っているよ。」



モーラ
「れすから!!私たちがしっかりしないといけないんれふ!!」


アルフェ
「そうよ!!!」




うん。
どうして、こういうところでは気が合うのかね。。。
まあ、気持ちを分からんでもないですが。。。





・・・。
・・・・・。
・・・・・・・。
・・・・・・・・と言っても。
結構。
案外。
難しい問題なんだよな。。。
このグラドの問題は。。。






・・・というのも。
グラドが精霊製造兵器持ち。
これだけで3人の女性と結婚する権利を有する。
・・・・が、それを、アルフェもモーラも持っているんだよな。。。
これが。。。



逆の言い方をすると。
アルフェもモーラも3人の男性と結婚する権利はある。
それだと、アルフェもモーラも他の人と結婚できる~~云々の話になるんだけど。
そこまで話をしていると、ややこしい話になるので却下。


スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<13話(11月13日 1時 トイカ) | TOP | 11話(11月13日 1時 トイカ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3557-5badeb41

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード