FC2ブログ
2020・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2019/07/06 (Sat) 20話(11月13日 6時 ルネ)

s2(夜)

20話(11月13日 6時 ルネ)





ルネ
「・・・。
 ・・・・・。
 ・・・・・・・・。
 ホープが何をしようが、私は関与をしない主義ですし。
 息子を育てるという方針では、それには変わりないのですが。。。
 一つ聞きます。
 
 リース・ガザルベルクと接触しましたか?」



ホープ
「・・・。
 ・・・・・。
 ・・・・・・・????
 リース・ガザルベルク????


 いや。
 会ってもないですし。
 アレクサンドラ隊長が接触したという話も聞いてないですけど?」




ルネ
「なら、構いません。
 あとは自由にしてください。」



ホープ
「・・・・本当に放置だな。。。母さんは。。。」












やっぱり。
リース・ガザルベルクは復活した。
それは確実のはずなのだが。。。
表には出てこない。。。。


まあ。
シュライン国家の思惑もあるのでしょうし。
リース・ガザルベルク本人の思惑もあるのでしょうが。。。
それにしても、表に出てこない。
・・・。
・・・・・。
・・・・・・・。
研究に没頭しているのか。
・・・ということになるが。
まあ。
復活してまだ48時間も経過してない。
表にでないで正解だろうし、普通なんだと思うが。。。





不穏だ。
不穏すぎる。
多分、それなりに動きがあると思う。
リース・ガザルベルクの利用が研究と言うことなんだと思うが。
それにしても、問題はあると思う。





・・・。
・・・・・。
・・・・・・・。
復活したリース・ガザルベルクは長生きできないだろう。
多分、普通から考えて、3カ月が限界。
そもそも論。
半死半生だったシン・トヴァの身体を使っている。
素体の身体が長生きできない身体になっている。
そうである以上、復活した身体も長生きできないだろう。
やることは限られる。。。
・・・と言うことになると思うし。
リース・ガザルベルク程の高名な学者であれば、それは理解しているだろう。
だったら。
破滅的な行動に移るかと思ったが。。。
そうでもないのか???




復活したリース・ガザルベルク。。。
注意と警戒は必要だと思うのだが。。。






ルネ
「リース・ガザルベルクに接触した。
 あるいは、情報があったら、母さんには情報を提供してください。
 勇者に提供しても良いです。」



ホープ
「・・・???
 まあ。それはいいけど。」



ルネ
「・・・・。
 ・・・・・・。
 ・・・・・・・アレの対処は勇者か魔王の仕事ですからね。」



ホープ
「ああ、そういうことですか。
 なら、普通に提供します。」









今回の件で。
リース・ガザルベルクが何も関与しないなら、それはそれで良い。
闘争は人の営みである。
魔王や勇者が関与することではない。
魔王はクロノス自治区の首長なので。
関与せざる得ないが。
勇者は関与しない。
・・・それで良い案件である。
私は私で動く。
・・・ということになるのだが。



リース・ガザルベルクが関与するか、否か。
それだけで、私の行動も変わってくる。。。。




アレクサンドラ隊長は、準備は整った旨を話していた。
ホープに協力を求めるだけで、準備が整ったというだろうか?
アレクサンドラ隊長はリース・ガザルベルクを直接、救出した。
・・・その恩をリース・ガザルベルクが返そうとしても不思議ではない。。。
あるいは、リース・ガザルベルクの試作品が出来ても不思議ではない。。。




今回の戦闘。
魔王が勝とうが、アレクサンドラ隊長が勝とうが。
どっちでも良い案件ではあるが。
リース・ガザルベルクが闊歩する展開になるのは避けたい。。。
魔王はミセス・ミルフィールの采配に振り回されていて、頭がパンク状態になっているでしょうし。
そもそも、魔王はそこまで頭の回転は速くない。
リース・ガザルベルクの対応まで頭が回ってないだろう。





ルネ
「善くない、空気が回ってますね。」


ホープ
「母さんは、基本的に、悪人ですから。
 善い空気が回っているということですよね。」


ルネ
「・・・・・・・・。」


ホープ
「まあ。私も悪人なので、はい。
 母さんのやることに文句を言いません。はい。」





準備はお互いに整った。。。
後は、交渉の時に何が起こるか。。。
・・・ということですかね。。。。。。。




スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(10) |


<<11章「破滅への序章」その4 | TOP | 19話(11月13日 6時 ルネ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

こんにちは

真実を受け入れて間へ似進むというのも
頭や理屈ではわかっていてもそこは気持ちや感情もありますし
クリスティもとりあえずはって感じで苦渋の末な感じが
伝わりますね

各々が自分の成すべき事をやってますし
いまだ復活して行動がないリース・ガザルベルクが
不穏ですね。事が進んでいって何かが起こらないといいですが

2019/07/06 17:46 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


むー 

なかなかホントのコトって
受け入れるってたいへんかも。
そしてそこから前へって
強い人たちですよねー。
アレクサンドラさん。
やっぱりなんか仕込んでますね。
ホープくんは何を?ドキドキ。
あーっ。リースさんもいたーっ。
一番ヤバい人じゃないですかー。
まだまだ油断ならないですね。
次回もわくわくです。

2019/07/06 18:48 | TYPE MM04 [ 編集 ]


 

アレクサンドラさんもそうやすやすと死を選ぶ人でもないですね、やはり。いや、娘を救うために死の覚悟自体はしてもただでは死なないというか、残り時間を使ってカウンターくらいは仕込んでくる人でしたね。
だからこそクロノス自治区にとって厄介な敵だったわけで……。

ルネさんから見るとホープくんはそういう息子なんですね、どこの母も息子を見る目は厳しい(笑)
しかしこの先はますます不穏になってきました。来週も楽しみにしております!

2019/07/06 19:19 | 椿 [ 編集 ]


 

ルネが打った手というのも気になりますが、
後は魔王たちがどう行動するかですしね~。
大人しく死ぬなら魔王もそれなりの死に方を与えてくれると思いますが、
問題は抵抗して交渉が決裂した時ですね……。
それにしても、ガザルベルクは復活してから目立って行動していないので、
いまどうしているのか気になるところですね。
ただ座して何もしていないとは考えにくいので心配の一つですね。

2019/07/06 20:12 | ツバサ [ 編集 ]


 

こんばんは。ルネさんの、嘘を重ねて前に進むより。真実を
受け入れて前に進むほうが良い、という言葉に重みを
感じました。やはりクリスティさんは自分のせいで愛する
アレクサンドラさんが死ぬのは絶対に嫌ですよね。
またホープ君に基本的に悪人とは言われてますが、ルネ
さんは伝える役としてある意味良かったかも…とも思います。
ミルフィールさんだと相手の気持ちをそこまで気にして
なかったと思うので(苦笑) ホープ君に対しては結構放任
っぽいのですね(笑) そして最後に触れていたリースが…
もしかしたらどんでん返しの鍵になるかもですね!

先日は今の時代!のアニメ記事にコメントありがとでした☆
アニメのホームページをご覧になった事も嬉しいです!
やはり私はアニメの範囲が広いですね(笑)脱帽、いつも
勉強させていただいております、とお褒め頂け嬉しいです♪
そして推し作品の一つのごちうさのセット購入を考えて
いらっしゃったのですね…!エアコンが壊れてしまったとは…
残念です(汗)エアコンはこれからの季節、特に必要ですよね!
また資金が溜まった時は是非!では読んでくださり、ありがとでした!

2019/07/06 21:23 | 風月時雨 [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

難しいんですよね。
個人的には真実を知って、前に進む。
・・というのは、言うは易く行うは難し。。。
なのですが。。。
後退するときもあるから侮れない。。。

己のすべきことが分かっている者どもなので。
あとは、不確定要素がどうなるかってところですね。
この後、どうなるか!!??
お楽しみ!!
ってことです。。。
(●´ω`●)

2019/07/07 21:53 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

知るということは強くなるってことです。
そういうことを知って強くなるということもあります。

まあ。
アレクサンドラ隊長もただただ死ぬわけにもいかないので。
そこはそこです。
彼らしいやり方を取ってくれると思います。
それが何なのかはアレですが。

不確定要素がどうなるかってことですね。
本当にその辺で変わってくると思います。
そのあたりは、また次回からのお楽しみ!!
(∩´∀`)∩

2019/07/07 21:55 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

まあ、アレクサンドラ隊長もただで死ぬ人ではないので。
彼は彼らしいやり方を取って来ると思います。
それを楽しんでください。

わりかし。
ホープを読者は誤解している人がいて。
ルネの評価が一番適当というか、的を射ています。
誰だって、母は息子に対して厳しい。。。
(●´ω`●)

2019/07/07 21:57 | LandM [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

まあ、たぶん、問題しか起きない(笑)。
ということにはなりそうですがね。。。
大人しく、予定調和の未来に従うのが良いわけではないですからね。
どのみち。誰もかれも。
座して何もしないという選択肢はないということですね。。。
( 一一)

2019/07/07 22:37 | LandM [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

ルネの思惑から考えると、基本的には悪女です。
魔王・ホープ・ルネ、というのは基本的に属性から言うと悪です。
悪の定義って何だ、ってことになると、混沌ってことになるんでしょうけど。
まあ、その辺は難しい問題なので割愛。
恐らく、物語の後半で判明すると思います。
どんでん返しがどうなるか・・・というところですね。
まあ、その辺はまたお楽しみってところで。
(●´ω`●)

2019/07/07 22:45 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3572-bee5fe6b

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード