FC2ブログ
2020・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2019/07/20 (Sat) 30話(11月13日 11時 フロル)

フロルイラスト


30話(11月13日 11時 フロル)








・・・。
・・・・・。
・・・・・・・。
・・・・・もの凄い局面になってしまった。。。




いや。
いざという時は、私とグラドでアレクサンドラ・トーリノを殺す。
・・・ということになっていたので、予定通りなのだが。



周りでは、リース・ガザルベルク殺戮兵器が動いているし。
それの対処に追われている、他の部隊。
ぶっちゃけ。
対応できるのは。
私とグラドだけだろう。




ここで殺さないといけない。
殺さないと、コッチが大量に死ぬ。
それは分かっている。
分かっているので、殺す算段をつけないといけない。








・・・・は、分かっているのだが。
アレクサンドラ・トーリノが私が思っていた以上に強いことが判明。
こっちのプロファイリングが外れている。
確かにアレクサンドラ・トーリノは強い。
強いのは分かっている。
分かっていたのだが、、、身体能力がそこまで強いとは知らなかった。
ここ10年。アレクサンドラ・トーリノと戦ってきたが。
アレクサンドラが精霊恩恵を使用したことはなかった。
なので、精霊恩恵は使えないファイターだと思っていた。
精霊恩恵は精霊との相性の問題がある。
精霊製造兵器は使用できても、精霊恩恵は使えない。
そういうファイターもいる。
実際に、私は精霊恩恵は使えないし。ロークも使えない。
精霊製造兵器を使えても、精霊恩恵を使用できないファイターは多い。
それぐらいに精霊恩恵を使用するのは難しいのだ。
精霊との対話や相性が求められる、ので。





・・・こうなると。
私では殺せない。
最初の計画だと。
グラドが全力で戦って、私が射殺する。
そういう計画だった。
グラドが全力で戦えば、アレクサンドラでも隙が生まれる。
そこから射撃して、殺す。
・・・という計画だったのだが。
それができない。
私の一撃で殺しきることはできないだろう。




・・・と、なると。
計画の修正。
私の射撃で、アレクサンドラの動きを止めて。
グラドがその隙を突いて殺す。
・・・ということになるのだが。


そうなると。
グラドが本気を出しにくいという現状がある。
要するに、連携が必要になってくる。
グラドは獣戦士。
獣になることで本気になるのが本懐のクラス。
ここで獣になると、連携に支障が出る。



だから。
グラドも困っているのだ。
私も困っている。
予想以上に強い。
アレクサンドラ・トーリノというファイターは。。。







スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(12) |


<<11章「破滅への序章」その6 | TOP | 29話(11月13日 11時 グラド)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

アレクサンドラはまだ能力を隠していたとは……。
70%の力で今まで戦死しなかった事を考えると、
それだけいつも余力を持っていたという事ですし、
今回は全力で来るとなると、
やっぱり倒すのは難しそうですね(><)
グラド達も上手く連携できればいいですが、
簡単に隙を見せてくれる相手ではないので難しそうです。

2019/07/20 09:27 | ツバサ [ 編集 ]


 

こんばんは。アレクサンドラさんのお母様も軍人!
戦いたいから戦う、トーリノ家の人々…ひいばあちゃんと
格闘技…って!スーパーひいおばあさまですね(笑)
トーリノ家の子ども達はたくましく育っていくのでしょう!
そしてアレクサンドラさんの奥の手…!グラド君もフロルさんも
強くても、これはどうなるやらですね。引き続き見守らせて頂きます!

先日はお忙しい中、コメントありがとでした!私好みの絵を
的確に描いてくださって流石の仕事人でしたね。得意ジャンルは
人それぞれですし、才条様から頂いたプレゼント、お心遣い とっても
嬉しかったです☆ では読んでくださり、ありがとうございました♪

2019/07/20 17:17 | 風月時雨 [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

それだけ懐が深いということですね。
まあ、全力で戦うことは少ないということもあるでしょうし。
全力で戦う場面では撤退もして、楽に戦える状態にする。
・・ということができる軍人ということですね
倒すのが難しい。
そういう相手ですね。
次回もお楽しみ!!
(*'▽')

2019/07/20 19:24 | LandM [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

アレクサンドラの母親は存命です。
まだ、生きていて、
ひ孫と格闘ごっこをしてます。
70歳ぐらいです。
まあ、、まだ70歳なので元気元気。
トーリノ家のことを取り上げてくれて嬉しいです。
ありがとうございます。
(*'▽')

2019/07/20 19:27 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは

狂った世界の中では案外自分やその家族も狂っていたほうが
ある意味での精神は崩壊せずに狂うの中での正常さを
持っていられそうなのかなって思いました

今までは余力を残しての戦いでしたが今回は全力+精霊恩恵
しかもやっかいなのはそれは想定以上の力という事
さらに戦歴で思いもよらぬ攻撃なんかもしてきそうですしね

フロルさんとの連携の兼ね合いもあるからそうそう獣化できないし
ちょっとしたミスで一気にいかれそうですね

こうした緊迫した場面なのにフロルさんの横顔が綺麗で
かっこいいなっと思いました☆

2019/07/20 19:52 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


 

アレクサンドラさんは長い間第一線で戦ってきた、名前を知られた軍人なのにまだ他の人に知られていない力を隠し持っていた…… そのことに驚かされます。
さすが、したたかであると言うべきか。

一枚上の強敵にグラドくんはどう対処するのか。戦いの行く先も俄然わからなくなってきて展開が気になります。
次回も楽しみにしております!

2019/07/21 17:21 | 椿 [ 編集 ]


 

こんばんは( *ˆ﹀ˆ* )

アレクサンドラは話し方は軽い感じですが、
まだまだ実力を隠し持っていた強敵だったんですね~(*´ω`)
捕虜に取られた娘を取り返すため、
衝突は避けれられない様相になってきましたね。
一体どうなるのでしょうか((o(б_б;)o))ドキドキ

2019/07/21 19:16 | らす [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

まあ。そういう話です。
結局のところ、
家族も時代の流れに合わせないといけないってことです。
トーリノ家も時代の流れに沿って懸命に生きているってことです。


そうなんですよね。
普段は全力で戦わない、だけど、今回は本気。
・・・というのは下準備が出来た状態の全力なので。
それはそれで、戦闘熟練者ってことですね。

こういうところでイラストが光るので、絵師の方にも感謝です!!
(≧▽≦)

2019/07/21 19:22 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

アレクサンドラのとっちゃんの能力に関しては。
他の人に知られていないではなくて、
知られた人は絶対に殺しているってことです。
それぐらいに絡め手や切り札は残しているってことです。
したたかですね。

これからの展開はどうなるか!!??
次回もお楽しみ!!
(≧▽≦)

2019/07/21 19:41 | LandM [ 編集 ]


らす 様へ 

まあ、熟練者でも。
いえ、熟練者だからこそ、布石と切り札を持っているということですね。
衝突は避けられない。
だからこそ、どうなるか分からないってことですね。。。
(ノД`)・゜・。


2019/07/21 20:13 | LandM [ 編集 ]


うわぁ 

そこまでもですか~。
アレクサンドラさんの実力は
底知れませんねー。まさか70%
でずっと戦ってたなんてー。
作戦の見直しとグラド君の
この後が気になっちゃいますー。
コレはフロルさんより
グラド君の方が危ないかも。

2019/07/22 02:13 | TYPE MM04 [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

いつだって、危ないのは最前線ってことですね。
フロルは援護+遠距離ですからね。
案外、危なくないってことですね。
まあ、グラドが危なかったら、フロルも危ないのですが。。。
これぐら、アレクサンドラのとっちゃんは強いってことですね。
やっぱり、簡単に勝てないということです。
(∩´∀`)∩

2019/07/22 22:55 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3584-3bd67b9f

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード