FC2ブログ
2020・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2019/07/27 (Sat) 31話(11月13日 12時 グラド)

グラド立ち絵05


31話(11月13日 12時 グラド)








ヒュウ!!!







ガキン!!!!!!!








ドドッドドドドドドオドドドドドドドドオド!!!!!!!









戦闘開始から約1時間。
にらみ合いや牽制の攻撃のやり取りが始まって。
身体が温まってきた。
そういう頃合いになってきた。








・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・・。
正直の思うこと。
うん。この人強いわ。
本当に強い。ロークさんでは殺せない。
正直言って、本気で強い人である。




クロノス自治区の評価では。
アレクサンドラ・トーリノは強いが、そこまでではない。
・・・という評価であった。




ところがどっこい。
水の精霊アックアによる精霊恩恵の能力付加。
人外の直感を保有していること。
35年間の戦闘経験。




断言して良い。
アレクサンドラ・トーリノは西大陸でトップ10に入る軍人である。
それぐらいに強い。
弱点らしい弱点が見つからない。
筋力も魔力も劣ってないし。
敏捷性や技量は熟練の域だ。
防御力に関しても、重戦士のクラスで高くなっている。
それに加えて、人外の直感。
水の精霊の親和性。
弱点が全くない。
そういうファイターである。






ヒュウ!!!







ガキン!!!!!!!








ドドッドドドドドドオドドドドドドドドオド!!!!!!!








迂闊に攻めることも出来ない。
相手は35年間、戦場の最前線で戦い、生き残ったファイターである。
どんな手管を持っているか、分かったものではない。
奇襲のような攻撃でも、簡単に回避できる経験と直感があるだろう。
こちらに隙が生まれたら、それだけで殺される。
そういうファイターであることは分かる。







畜生め。
これだけ強いという情報であったなら。
もっと対策を練っていたのだが。。。
アレクサンドラ・トーリノを殺す。
それがどれぐらいに難しいか。
今回の戦いで良く分かる。



スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<32話(11月13日 12時 アレクサンドラ) | TOP | 11章「破滅への序章」その6>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3586-84f02e69

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード