FC2ブログ
2019・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2019/09/14 (Sat) 1、上司の本部長に会いに行く

a0001_002754_m_201409240739026e8.jpg


1、上司の本部長に会いに行く







本部長
「やあ~~~~~~解決クン!!
 今回も事件解決おめでとう・・・・・。



 って、アイタタタタタタタタ!!!!!」







むいーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。



ヾ(~O~;)





うむ。
相変わらず、よいちょび髭親父だ。

引っ張りごこちは最高だな。






本部長
「もう!!だから、ひげを引っ張るのはヤメテ!!!
 って言ってるでしょ!!」

(∴`┏ω┓´)/


解決警部
「いいじゃん。減るものでもあるまいし。」


o(´^`)o



本部長
「ボクちんが痛いの!!」


解決警部
「仕方ないですね。。。。」






怒られてしまった。



まあ、本部長から怒られても何も怖くないんだけど。
降格させられると・・・・それは嫌だな。



思い当たる節が多すぎて困る。








本部長
「今回の事件もよく夜間の間に事件解決してくれた。
 現職警官が、強盗団に誘拐された~~。

 なんて、事件が公表されると警察のメンツに関わるからね。」


(≧∇≦)b



解決警部
「へえ・・・。」


(゚~゚)ヾ

現職の警官だろうと、誰であろうと誘拐される可能性があると思うが。
俺だって誘拐される可能性はなきにしもあらず。。。と言ったところだろうし。





それで警察のメンツに関わるのか?
・・・・関わるか。



そう簡単に現職の警察官が誘拐されていたら、
市民だって不安にはなるわな。


全く。
公僕っていうのは面倒くさいことが多いな。








本部長
「相変わらずの面倒くさがりだねえ。
 ボクちんの後釜になるかもしれないんだから。

 今から下っ端や市民のことをちゃんと考えてよ。
 キミもキャリア組なんだから。」

ヾ(ーー )



解決警部
「面倒くせ~~~~。」


(━_━)ゝ


キャリア組なんて、糞くらえ。
・・・と思っているような人間なので。


・・・というか、昔本庁で問題行為をしたせいで、地方に飛ばされたのだ。
2度と本庁に戻されることもないだろう。



それを考えると、ここにいる本部長のように。
地方の一番偉い人になるというのが妥当な進路コースだろう。






・・・・俺が本部長のようにする。。。。
・・・想像がつかんな。。。







まあ。
警部になっても、現場主義でやっているから。
あまり変わりないように見えるのだろうが。



むしろ。
そういう風に本部長が采配を振るっているので、良いのだが。

これが俺が県警のトップになったらどうするのだろう。。。







滅茶苦茶面倒くせ~~~~~。









本部長
「ほらほら!!面倒くさい表情しないで。
 今は若いからいいけど。

 その内、現場も大変になるから。
 上司の仕事も考えておくれよ~~~。」


ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ


解決警部
「へ~~~~~~い。」


「(´へ`)




俺が県警のトップか。
まあ、いずれしなければならない仕事になるのだろうが。

どこの県警になるかは知らないが。
まあ、どこでもトップの仕事をしないといけない。
それがキャリア組の宿命だ。





・・・・こんなことだったら、キャリア組にならなかったら良かったな。
成績が良かったから、キャリア組になったものの。
ここまで責任が付き纏うとは思わなかったぜ。









本部長
「ま。ボクちんがいる間はキミを動きやすいように采配するけど。
 ボクちんがいる間だけだからね。」


解決警部
「はいはい。そこは感謝してます。」





なんだかんだで本部長には顔が上がらない。

夜勤専門でやらせてもらっているのだし。
警部なのに、あまり事件捜査はやってないし。
現場の仕事中心にやっている。



遊んでいるのも若いウチだけってことだな。。。。







解決警部
「うんじゃ、帰ります。」


(* ̄▽ ̄)ノ~~

本部長
「うん。お疲れ様。」


-~)ノ~~ ジャネ

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<2、そこのお前に会いに行く | TOP | 4章「突入だ!!」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3631-d6203a64

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード