FC2ブログ
2020・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2020/05/23 (Sat) 4話(11月13日 23時 グラド)

ライサ森夜800×600


4話(11月13日 23時 グラド)




グラド
「・・・。
 ・・・・・・。
 ・・・・・・・・・。
 結界の継続時間は?」



クロン
「うん?う~~~ん。
 6時間は維持できる。」




グラド
「分かりました。十分な時間です。」




クロン
「・・・・。
 ・・・・・・。
 ・・・・・・・・おいおい。
 気負いすぎるなよ。

 アレクサンドラが死んだら、もちろん、
 こちらとしては非常に助かるが。。。

 お前が死んだら、もっと、困る。」




グラド
「心配ありません。」



クロン
「・・・。
 ・・・・・。
 ・・・・・・・。」









魔王は。
何かを言おうとして。
言うのをやめた。
多分。
これ以上何かを言っても無駄ということを理解したのかもしれない。




アレクサンドラ・トーリノ。
俺は敗北を味わった。
そして、仲間を殺された。
執念を以て殺すには、それだけで理由は十分だ。



アルフェ立ち絵01(着色)
グラド立ち絵01



アルフェ
「オプトマインさん。
 気負いすぎですわ。
 魔王もおっしゃっておりました。
 今回の戦いで無理して、
 アレクサンドラ・トーリノを殺す必要もありません。」



グラド
「・・・。
 ・・・・・。
 ・・・・・・・。
 ・・・・・・・・・。
 ・・・・・・・・いや、絶対に殺す。」




トイカ立ち絵01


トイカ
「・・・。
 ・・・・・。
 ・・・・・・あ、いや、うん。。。
 よし。殺そう。絶対必殺の心意気でやろう。」




アルフェ
「トイカさん!!」



トイカ
「どのみち、僕らの仕事はアレクサンドラ・トーリノの追撃だ。
 リース・ガザルベルクの怪物退治じゃない。

 だったら、絶対必殺の意思を以て臨んだ方が良いのは確かだ。
 じゃあないと、こっちが殺される。
 
 相手は普通の相手じゃないんだ。
 相手も絶対にこっちを殺してくる。
 どっちみち。個人能力はグラドと互角だ。
 そんな相手に気持ちで引いたら、前回の戦いと同じだ。」




グラド
「・・・。
 ・・・・・・。
 ・・・・・・・・・。
 ・・・・・・・トイカの言う通りだ。

 前回の戦いは、戦局が優位すぎた。
 その影響もあって、無理せず戦おうという油断が働いた。
 その結果、俺は負けたし、下手しなくても死んでいた。


 いかなる手段を以て、戦い、そして、殺す。
 それが今回の使命だ。」








クロン立ち絵03



カチン。





クロン立ち絵02




フーーーーーーーーーーーーーーー。


















・・・・。

















・・・・・・・・・・。


















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

















クロン
「ふむ。
 まあ、戦略的な観点から言えば。
 アレクサンドラ・トーリノは絶対に殺した方が良い。
 ・・・と言うのは確かだな。

 私にしても、ミセス・ミルフィールにしても。
 アレクサンドラ・トーリノの戦略的脅威を甘く見ていたところがある。
 あんなり厄介で、強い人物だとは思わなかった。

 彼が、西部方面軍の本隊を率いて戦ったら。。。
 ・・・それだけで、十分に人的被害が甚大なものになるだろう。


 それを考えると。
 今後を考えると。
 今しか殺す時間帯はないかもしれない。」






アルフェ
「魔王様!!」




クロン
「事実を言っている。
 グラドは絶対必殺の意思で臨んでくれれば良い。
 トイカもそれをサポートしてくれ。
 アルフェも本心に従って、引き際を極めてくれ。」




アルフェ
「・・・。
 ・・・・・。
 ・・・・・・・ムウ。。。
 分かりました。私が、しっかりと、手綱をコントロールします。。。」







魔王は。
しばらく思案してから。
そういう結論に達した。
色々考えてのことなんだと思うし。
それぞれの立場を考えて、そういうやり方を取ったのだろう。




中途半端に。
戦局が優位だと油断を招く。
それよりも、絶対に殺す意思を持った方が良い。
慢心せず、全力で殺す。
それのみに特化すれば。
負ける相手ではない。
少なくとも負ける相手ではない。
引き分けることはあっても、負ける相手ではない。






アルフェはアルフェで引き際を考えてくれれば良い。
トイカはトイカで、俺のサポートに徹してくれれば良い。
俺はアレクサンドラ・トーリノを絶対に殺すことを考えれば良い。




血飛沫1

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<5話(11月13日 23時 シェクスピア) | TOP | 3話(11月13日 23時 グラド)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3846-9f637ea4

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード