FC2ブログ
2020・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2020/06/27 (Sat) 26話(11月14日 2時 カレン)

ベヒモス型モンスター効果あり
カレンイラスト02

26話(11月14日 2時 カレン)








ガギイイイイン!!!!






ベビモス級
「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」










・・・。
・・・・。
・・・・・・。
頃合いか。
そろそろ。


とりあえず。
ある程度戦って、戦力分析はできた。
何かの切り札を隠しておいても。
対応できるぐらいは戦っただろう。






・・・。
・・・・・。
・・・・・・・。
・・・・・・・・う~~~ん。
状況的にはこちらが優位ではある。
ドラゴン級は減っているし、他のモンスターの数も減っている。
このベビモス級がコマンド型だとすると、何らかの手段を講じると思うのだが。。。
それを講じる様子はないのだよなあ。。。。





ひょっとして。
アレかな。
これらのモンスターは、
そういう思考回路を消しているのかな?


最後の最後まで知的生命体を殺戮する。

・・・ということに集中しており。
自分の生存本能や防衛本能を削除しているのかもしれない。


常に。
自分がどうなろうが知ったことではない。
そんなことよりも、知的生命体を殺戮することが重要。
・・・という風にプログラムしているのかもしれない。





成程。
リース・ガザルベルクが誇る生体殺戮兵器。
・・・ということだろうか。
生物の本能を削除して、殺戮をする生体マシン。
・・・ということが正しいような気がする。






・・・。
・・・・・。
・・・・・・・。
・・・・・・というところまで分析すると。
これ以上の戦闘継続は、逆に、危険を生じる可能性がある。



あれらの生体殺戮兵器。
ひょっとしたら、特攻とか考えるかもしれない。
自分を犠牲にして、一人でも多くの知的生命体を殺戮する。
それが生体殺戮兵器の本懐・・・とでも言おうか。
自分の身体を壊して、知的生命体を殺戮する。
・・・ということになりかねない。



状況的に。
こちらが優位になったのは間違いない。
勇者である私。
ホープが加入したことで。
戦線に厚みが増している。
このまま進めば、勝てることは勝てるだろう。
そういう局面であるのは間違いない。





スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<27話(11月14日 2時 カレン) | TOP | 25話(11月14日 1時 カレン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3873-a4d55662

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード