FC2ブログ
2020・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2020/09/19 (Sat) 10話(11月14日21時 クロン)

クロン立ち絵02


10話(11月14日21時 クロン)





クロン
「手始めに、ホープとルネ。。。
 このどさくさ紛れにシュライン国家に侵入してもらおう。
 カレンも同行してくれ。ひとまず、私の警護は必要ない。
 それよりもルネの方が重要だ。」


カレン
「どさくさ紛れって言うのは?」


クロン
「今、ホルンの森の戦死者の供養をしているはずだ。
 それが終わり次第、
 シュライン国家兵士の捕虜と遺骨を届ける手筈になっている。

 それに乗じて、シュライン国家に侵入する。」



カレン
「ああ、そのどさくさ紛れってことか。
 
 確かに、その時だったら、
 国境警備隊の警戒も別のところに気が回っているし。
 遺骨と捕虜の引き渡しの時の警戒は緩いわな。」



クロン
「そういうことだ。」





シュライン国家にも。
国境警備隊は配属されている。
まあ、どこの国家でも配属されているのだが。
戦いが終わったばかりの状態である。
国境警備隊も万が一に備えて。
もとい、クロノス自治区が侵攻してこないかどうか。
その心配をしている最中である。
そのため。
本来の国境警備に重点を置いている時期で。
捕虜や遺骨のの引き渡しに重点を置ける時期ではない。


そのため。
警戒が緩いときに侵入するのが一番である。
当たり前の話だが。
これを逃したら、再び、捕虜の方に気が回ってしまうだろうから。
この24時間が大事になる。
その時間を過ぎれば、国境警備隊も本来の業務を優先するようになるだろう。




ルネ立ち絵01


ルネ
「ホープも連れて行って良いので?」



クロン
「本人が嫌がれば、行かなくて良いが?」



ルネ
「・・・・。
 ・・・・・・・。
 ・・・・・・・・・あ、いえ。
 あの愚息は絶対に一緒にシュライン国家に行きます。
 本当に愚かな息子なので。」



クロン
「・・・・・・・。」








・・・。
・・・・・。
・・・・・・・なんだか。
親のひいき目なのか、どうなのか。
ルネのホープを見る目は冷めているというか。
過小評価している部分があるような。。。
私程ではないが、それでも。
才能を感じる部分は多分にあるのだがな。。。
どうして、ここまで評価しないのだろうか。




・・・性格は。
確かに悪いのだが。。。。
まあ、いいや。
ルネを通して、シュライン国家に内政干渉する。
そこは間違ってないだろう。


ホープ立ち絵03
スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(16) |


<<15章「戦闘の後始末」その2 | TOP | 9話(11月14日21時 クロン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


はわー。 

もう次の手を打つんですね。
まぁそれはそーですよねー。
そしてついに魔王様と勇者様
の最強タッグ結成?!
シュライン国家もたいへんな
相手を敵にまわしちゃいましたね。
実際にはリース・ガザルベルク
の殺戮兵器が最終目標ですものね。
それにしてもミルミルの
予言はホントすごいのですー。

2020/09/19 10:38 | TYPE MM04 [ 編集 ]


 

平和になったようでも、やることはいくらでもあるってことですね。
それにしても魔王自ら調略までやりますか。
勇者の力を借りてまで。
まあ、リアルの世界でも裏でのやり取りが主ですよね。
表に出たときはもう決まっている。
そこをそつなくこなすのが実力者と呼ばれる面々。
魔王が手を下すのも分かります。

2020/09/19 12:44 | ミドリノマッキー [ 編集 ]


 

休む暇もない、というか、戦闘が終わっただけで事後処理をすべて終えるまでは『戦争』はまだ終わっていないんですね。
シュライン国家との休戦まで、うまく進むといいのですが。

アンリさんはルネさん派出身の人だったんですね。なるほど、合いそう。

ホープくんの評価が低いのは、母親だから息子はどうしても頼りなく見えてしまう……ってだけじゃないのでしょうね、ルネさんだから。
何だろう、微妙に計算通りに動いてくれなさそうなところとかがルネさん的には使いにくいのでしょうか。そのあたりも気になりますね。

次の展開も楽しみです(^^)/

2020/09/19 21:43 | 椿 [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

まあ、魔王も勇者も条件があるので。
本気は出せないので、その辺も考慮に入れてってことですね。
全力を出せば、魔王一人でシュライン国家をつぶすことは出来るのですが。
それをしないのがミルミルの魔王美学です!!
まあ、それに目的がソッチではないですからね。
最終目標は殺戮兵器の方なので。
そちらの解決優先。

2020/09/19 21:54 | LandM [ 編集 ]


ミドリノマッキー 様へ 

この辺はミルミルの魔王美学!!って奴です。
表に出た時には結果は決まっている。
裏工作がどれだけモノをいうかってところです。
その辺をそつなくこなすのが魔王ということです。
良いご指摘のコメントありがとうございます。

2020/09/19 21:55 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

戦闘が終わっただけで、戦争は終わっていない。
良いご指摘ですね。
とりあえず、休戦協定結ぶまでは終わりません。
その辺も考慮入れて戦争ということですね。

アンリはルネ女史の派閥の人です。
そもそもルネの子飼いなので。

ホープの評価が低いのは母親だからってところもあります。
まあ、大体母親の息子を見る眼はこんなもんでしょ(笑)。

2020/09/19 21:57 | LandM [ 編集 ]


 

おはようです!アンリさんはルネさんが育てたのですね!
ミルミルとルネさんが仲良く…なんて事になったら
個人的に違和感ありありです(苦笑)…というか、個人の
考え方の違い以前に、一夫多妻で妻同士仲良くできるか自体
かなり疑問なんですが…ここはクロンさん何考えてるの!?
乙女心理解できないクロンさんのバカー!(涙)…と正直
少~しイラッときちゃいました☆(苦笑) カレンさんの
ボディーガードはかなり心強いですね! そしてルネさんの
ホープ君に対する過小評価っぷり(苦笑)どさくさに紛れての
活躍、ホープ君推しとして期待しています♪

先日は蘭子ちゃん記事にコメントありがとでした!SSR、限定も
お一つお持ちなのですね☆蘭子ちゃんの中二病的発言は書いてる
ライターさんも大変そう(苦笑)ですが、面白い&黒が映える萌え
アイドルですよね♪では読んでくださり、ありがとでした!

2020/09/20 10:28 | 風月時雨 [ 編集 ]


 

こんばんは( *ˆ﹀ˆ* )

アレクサンドラとクリスティは可哀想でしたが…
双方最小限の被害で済ませるには最善の戦略だったのでしょう。

それにしても魔王は煙草をよく吸いますね~
自分は煙草を吸ったことは一度もありません。
人からは「いやいやいや誰だって一度ぐらいはあるでしょ」
とよく言われますが本当にありませんo(・`∀´・)
自分の父もヘビースモーカーで肺を患いました。
魔王にも気をつけるようお伝えください( ..)"

2020/09/20 19:58 | らす [ 編集 ]


 

こんばんは

るねさんがアンリさんを育てたとなれば
やはりミルミルとは反りもあわないでしょうね

魔王のボディーガードを勇者がというのも
普通では出てこないからこそアイデアな所ですね
仮にその状態で争いを仕掛けようものならば消し炭になるのが
目に見えていますしね

看板もって宣伝してるミルミルの姿に和みました

2020/09/21 20:27 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

クロンは何も考えてないです(笑)。
・・・というか、そんな器用なことができる性格なわけないじゃないですか。
魔王は好かれる人にそういう対応をしているだけで、
別にそれ以外は何も考えてないです。
俗に言うクズ野郎です。

ルネがホープの過小評価は母親として真っ当です。
・・・なのですが、それと能力は別問題なので、結構問題。

2020/09/21 22:26 | LandM [ 編集 ]


らす 様へ 

アレクサンドラのとっちゃんたちの件は戦闘なので仕方ないです。
戦闘で殺さないという選択肢自体がないので。
その辺は割り切りも大切ということです。


魔王は煙草が生き甲斐なので仕方ないです。
それ以外の娯楽がないという設定なので。
魔王が病死するとしたら、肺がんでしょうね(笑)。
気を付けても、煙草は吸い続けるので。。。

2020/09/21 22:29 | LandM [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

ミルミルに関しては新参者?って扱いなので。
古参からいるアンリはルネの子飼いだったりします。
現在ではミルミル派とルネ派に魔王秘書は分かれていますね。
まあ、その辺は設定なのですが。

魔王と勇者の共闘。
・・・というのは描いてみたい事案の一つですからね。
今回の話はそういう話です。


ミルミルの看板姿は定期です。
彼女がグッゲンハイムの看板娘ですからね。

2020/09/21 22:31 | LandM [ 編集 ]


 

シュライン国家と戦争をしない、
その為に色々と動き必要がありますね。
戦闘が終わった後の事も大事ですが、
未来の事を考えて動くというのも、
かなり大事な事ですしね~。
それにしても、勇者が魔王の護衛とは、
これなら安全は間違いなしですね(´∀`)

2020/09/22 11:39 | ツバサ [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

まあ、当たり前ですが、
戦争をしないためには色々と動きをつけないといけないってことですね。
何もしないで、平和はやってこないという典型的な例。

勇者と魔王がタッグを組むというのおもしろいですよね。
(∩´∀`)∩

2020/09/22 16:19 | LandM [ 編集 ]


 

魔王の護衛が勇者!
怖いものがないタッグと思ったら
本人たちは一旦別行動ですかね?
直接タッグが見られる日を楽しみにしています!(笑)

しかし休む間もなく調略に動くのですね。
力を持つ人たちは忙しいですね。

2020/09/22 21:10 | 天 炎 [ 編集 ]


天炎様へ 

基本、二人は別行動です。まあ、一緒に行動する時もあるってことですね。魔王と勇者のタッグは書いてみたい話しでもあるのでお楽しみ!!

基本、タイムイズマネー。
時間は大切にして行動するのが一番ですね。

2020/09/23 22:39 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3949-9ac49100

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード