fc2ブログ
2024・02
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/ >>
2023/12/02 (Sat) 4話

a0960_005332_m.jpg
4話





山上
「翔、血液検査の結果だ。」



「やっぱり、片方は低血糖か。
 よし、糖尿病の方には輸液をいきましょう。
 もう片方の方は脳卒中所見があるので、こちらを先に搬送してください。」



救助隊
「はい!!」








・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・・ふう。
的確な判断が出来たな。。。
最善の判断・・・とまでいかなくても。
やっぱりよりベターな判断はしておきたいからな




判断を誤っていると。
要救助者の生命を救えないからな。。。
難しいな・・・こういう微妙なさじ加減は。。。
それでも、判断できるのは俺しかいない。
上には愛楽先生もいるけど。
それでも現場で、搬送の優先順位を決めれるのは俺一人。









・・・。
・・・・・。
・・・・・・・やっぱり愛楽先生変わってもらうべきだったか。
この生命の境目の領域ので、匙加減をするのは。。。
確かに、重責だな。。。
赤い十字架の使命は思った以上に重すぎるな。。。














ぎゅう。








「・・・・八乙女?」



八乙女
「大丈夫だっさ。翔は立派に『救いの手』をやっているっさ。
 誇っていいよ。」




「・・・・・・・。」



八乙女
「・・・・・・えへへへ。」




「俺、新婚。」



八乙女
「そうだっさ~~~~。」








・・・・。
まずい。八乙女に惚れそうになったぜ。。。
まあ、吊り橋効果なんだろうけど。
それでも、ここまでのメンタルの強さは憧れるな。。。
俺が八乙女の同期で、学生時代からの友達だから問題ないけど。
本当の他人だったら、八乙女を扱えないだろうな。。。




しかし。
八乙女を扱えるというアドバンテージは大きい。
「狂ったお花畑」の異名は伊達ではない。
彼女を敵に回すと恐ろしいが。
彼女を味方にしたときの心強さは半端ではない。






後、いくら女癖が悪い俺でも、
八乙女には絶対に手を出さない。
まあ、八乙女自身も絶対に嫌うだろうけど。


この手のコミュニティで性的関係になると、
マジで仕事に差し支えるから、やらないのが鉄則。
それだったら、病院に帰ってから、セフレの智子ちゃんのヤった方がベター!!
・・・ベターでもないな・・・。
素直に家に帰るのが最善なんだが・・・。。。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<5話 | TOP | 3話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/4864-5a788829

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード