FC2ブログ
2020・12
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2000/12/13 (Wed) ミルフィールドキドキ作戦その2

ミルフィール「おおおお…………。」

前回のあらすじ。
ミルフィールにも信じられていないダメダメ魔王は言っても効果なしと判断。
百聞は一見に如かずという名言にもあるとおり、信じないのなら実物を見せればいいと判断。
結局、マユルを無理やり呼んで少し離れた平原にやってきた私たち。

案の定というかなんというか、ミルフィールは驚いている。
ほらみろ、私の言うことは正しいのだと誇らしくしたいところだが、それをするとあまりにも子供じみているのでやめよう。

クロン「すまないな。マユル。」

マユル「――――――いい。ところで要件は?」

クロン「ああ……。」

ミルフィール「わあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

そうして、ドラゴンに突っ込んでいくミルフィール。
ミルフィールは天性の博愛主義者。
初見のものには須らく優しく、そして好奇心旺盛だ。
そんな好奇心旺盛な彼女は初めて見るドラゴンに興味津津で突っ込んだわけだ。





パク。





クロン「パク?」

見ると、ミルフィールが竜に食われている。
もはや、頭は口の中。腹も食われそうな勢いだ。


ミユルはその光景を見た。
私も見た。

マユル「――――――――――エサ?」

クロン「違あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああう!!!!!!!!!」

マユル「―――――――――肉?」

クロン「NO!!アレは食べるものじゃない!!!!早く吐き出せ!!!!!!!」




………その数秒後、ミルフィールは奇跡の力で助かった。
最近の奇跡も安くなったなあ……。


スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(1) |


<<ミルフィールドキドキ作戦その3 | TOP | ミルフィールドキドキ作戦>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/05/16 22:48 | [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/49-143e415f

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード