FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2010/10/31 (Sun) 16話

saikuropusu_convert_20101031045121.jpg
テンノミナツ
「ਈਐਡਧਝઐ
 (形態変化。)
 ીೂ୭infinity01293
 (コードinfinity01293)
 ಎೀಠ൫ํํ๐๐พพ๑༖༖༑༂
 (サイクロプス変態)」


ガシュン!!!!!
グウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!


テンノミナツの身体が急速に変化する。
今まで竜の形態を取っていたが、それが一気に収縮した。
まるで、今までの竜の形態が嘘だったかのように。







テツト「……!!」
クロン「なんだ?」

流石のクロンも驚きを隠せない。
ある程度の形態変化は予測していたが、
180度変えるような形態変化は本来の生命体ではあり得ない。






ガシュウウウウウウウウウウウン!!!!
キイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!








クロン「サイクロプス!!」


それは一つ目の巨人であった。
神の眷属とされる大きな巨人。
「雷鳴」「雷光」と称される鍛冶に携わる伝説の粗暴な巨人。
それこそ神話の世界の生命体である。

無論、グッゲンハイムでは生存していない生命体である。








ツキノミナツ
『私はあなたの愛情を受け取るべき存在ではありません。
 私は…人ですらありません。
 ツキノミナツ。
 システム化された存在です。
 ミナツシリーズは姿形を自由に変えることができます。
 質量は変えることはできませんが・・・。
 今の姿も……。』

テツト
『君が何者であろうと構わない。
 君が人であろうとなかろうと、
 今の君が美しい女性であることに違いはない。
 キミが欲しいんだ。』

テツトの中で声が聞こえた。
それは過去の記憶。
過去のツキノミナツとのやりとり。
そして、愛の営み。






テンノミナツ
「ۈऒखۄ۷ं४৫ਐ৺
(我の瞳の光は永遠なり)
 ਊ৺ਤઋ્ନઉਮા୩୭ସ਼મ
(すべてを立ち眩ませるものなり)
 ઼઼ઞଓେરଥਾਗ਼ઽઇ૨ઐઞઐયକ
(その光のもとにすべては滅するべきである)
 ૠૌଔવଓஹரఓఋఋ
(終焉の光のように)」


ツキノミナツ
『この世界で災厄が訪れてもですか?』
テツト
『これからもずっと俺の傍で笑っていてくれ。』


こんな状況でも声が聞こえる。
死ぬ前の走馬灯?
いや、こんなところで死ぬわけにはいかない。
行くわけにもいかない。
それでも頭を巡ってくるのは何故だろう?
テツトは自問自答した。



キュピン!!!!
シュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!



質量ある眼光。
その光の光線。
巨大レーザーキャノン砲がテツトを襲った。



17話へ

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(8) |


<<その19 | TOP | 15話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

ども、こんばんわ。

ファンタジーの巨人代表というべきサイクロプスでましたね。
まあ、ただのサイクロプスじゃないだろうと、変形した瞬間に思いましたが、当然の様に目からレーザー出してますねw

もしかすっと竜の姿も本当の姿ではないとか、ツキノミナツの存在を見ているとそう思ってしまいますね。

とりあえずテツト、私なんかは格闘キャラ贔屓なんで頑張ってください。

2010/10/31 23:11 | MasterJ [ 編集 ]


MasterJ 様へ 

いつもありがとうございます。
本来的な設定を言えば、竜の姿も本来の姿ではないです。
テンノミナツのとっている竜の姿はグッゲンハイムの世界では強いとされているので、その姿をとっているだけ…というのが本来の設定です。まあ、それが竜の姿として固定されていることにもなるのですが。

テツトが…頑張れるといいですね。
いつもご愛読ありがとうございます!!

2010/11/01 05:46 | LandM(才条 蓮) [ 編集 ]


 

何と型破りな・・・
テンノミナツは全知全能の神的なドラゴンと言うよりも、その場その場の戦況に対応した惑星を滅ぼす亜種的な戦闘生物いう感じなんでしょうか?

ドラゴンからサイクロプスへ
そして次は・・・と思うのは考えすぎか・・・

2010/11/02 01:38 | レオ・ライオネル [ 編集 ]


レオ・ライオネル様へ 

別にこの辺のネタバレをしても大したことないので言いますけど、
もっともっと形態変化はあります。
もうすでに絵も用意してある状況ですからね。
まあ、どんなものがあるかはお楽しみ…ということで。

コメントありがとうございます!!

2010/11/02 05:56 | LandM(才条 蓮) [ 編集 ]


 

えっ!?
巨人に!?

ミナツシリーズ半端ないですね。

走馬灯…死ぬ前って本当に走馬灯のように駆け巡るらしいですよね。最も経験したくないですが(笑)

これからもずっと俺の傍で笑っていてくれって、かっこすぎるじゃないですかw

2010/11/25 22:26 | れもん [ 編集 ]


れもん様へ 

そうですね。
またいろいろな形態に変化できるといいんですけどね。
走馬灯は経験したことはないですね。
まあ、それに近いものだと思いますけど。

テツトはカッコイイですね。
クロンやカレンとはまた違うので。

いつもコメントありがとうございます。

2010/11/26 05:37 | LandM(才条 蓮) [ 編集 ]


おはよ 

本日はここまで。
3スクミってお話になるのかなと思ってたんだけど、
そうでもないんだね~。
墓穴を掘ったテンノミナツって所かな。

2012/07/22 06:43 | かぶとも [ 編集 ]


Re: おはよ 

墓穴を掘ったのかどうなのか。
テンノミナツは任務を果たそうとしているだけですからね。
その辺の妥協はないということですね。

2012/07/23 09:52 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/591-cb2a97e4

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード