FC2ブログ
2021・01
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2011/03/06 (Sun) グッゲンハイム1898年『失った母娘の絆』

syekusabitati_convert_20100217231355.jpg
禁じられた魔法。
禁呪を使うことでしか
母と娘の絆を深めることが
できなかった者たちの物語。






作者 LandM(才条 蓮
絵師 高瀬 恒(絵師紹介コーナー)




設定資料
グッゲンハイム 



人物紹介
アルファンガード・フェルト(シェクスピア・ノアール)

アズクウェイド・ストレイグス


本編
序章『娘を失った時』
プロローグⅠ      
1章『後悔』
1話  2話  3話  4話
2章『ウォッカの匂いに誘われて』
1話  2話  3話  4話
3章『魔王と禁呪』
1話 2話  3話  4話
4章『異界への道』
1話  2話  3話  4話
終章『旅立ち』
エピローグ
あとがき
本編のあとがき
アズクウェイド立ち絵  アルファンガード立ち絵  トップ絵  『二人の会話』のあとがき

スポンサーサイト



■グッゲンハイム1898年『失った母娘の絆』 | trackback(0) | comment(10) |


<<グッゲンハイム1905年『魔王が君臨するとき』 | TOP | 4話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

6000hitおめでとうございます☆
(そういえばこれ、初コメなんですね)
上のミルフィールが可愛いですww
これからも頑張ってください!!

2010/03/07 21:35 | 智尋 [ 編集 ]


智尋様へ 

こちらでは初めましてです。
そして、ありがとうございます~~。

ミルフィールは今回用にとびきりかわいくしてもらいました。
結構いい感じになっていて私も好きですね。

また、そちらのサイトにもお伺いさせていただきますね~~。

2010/03/08 06:47 | LandM [ 編集 ]


 

ハタハタです。こんばんわー6000ヒットおめでとうございますグッゲンハイムのタイトル、絵、文章がキャッチーで綺麗なのは、いつも感心しております。

2010/03/08 19:41 | ハタハタぶりっこ [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

ハタハタぶりっこ 様へ
どうも初めまして……になりますかね。
そちらのサイトにも訪問させていただいておりますが。
お祝いありがとうございます。
いつも見ていただいているようで恐縮です。

綺麗と言っていただいて本当にありがとうございます。
これからも精進していきたいと思います、
よろしくお願いします。

2010/03/08 22:27 | LandM [ 編集 ]


 

初めまして~(・ω・*


プロローグだけ読みましたが
続きが気になるので
時間が出来たときに
またお邪魔させていただきますね

私の予想では悲しい結末が
待っている気がしますが(-ω-;



ありふれた言い回しで申し訳ありませんが
執筆頑張ってくださいね(^^ノシ

2011/03/15 16:07 | sun [ 編集 ]


sun 様へ 

こちらこそはじめましてです。
このサイトの管理者をやっている才条 蓮です。

このような大変な時期にコメントありがとうございます。
まあ、地域によると思いますけどね。

そうですね。良い終わり方は悪い終わり方は人の視点によると思います。
後、現在のこの作品のリメイク作品を連載しておりますので、そちらをみることをお勧めします。
GH1898年黄昏の母の為のパヴァーヌ…ですね。
内容は酷似しているので、そちらを見ればより詳しく分かると思います。
よろしくお願いします。

2011/03/15 17:49 | LandM(才条 蓮) [ 編集 ]


 

一番初めに読むのはここでよろしかったのでしょうか?
年号的にここで良いと思うのですが・・・。

もし間違っていたらごめんなさい。

2011/04/10 13:49 | ねみ [ 編集 ]


ねみ様へ 

基本的にはどっから読んでも大丈夫なようになっております。
全部違う話になっていますので。話は通じるようになっております。
グッゲンハイム1898年母娘の絆は今連載しているGH1898年黄昏の母の為のパヴァーヌのリメイクになっております。なので、GH1898年黄昏の母の為のパヴァーヌを読んだ方がいいとおもいますよ。
それでは失礼します。

2011/04/10 15:07 | LandM(才条 蓮) [ 編集 ]


 

読むのに数日かかってしまいましたが、やっと全編読破しました。

アルファンガードは、禁呪の魔法を使って娘が連れ去られた異界に行ってやっと娘に会えたと思ったら、娘は母を必要としてなかったというのはあまりにも報われないですね。
娘を連れ戻せなかったばかりか、アズクエイドも異界に行ったまま戻ってこないとか、得るものがなかったばかりか、大事な人がいなくなってしまうとか、労の割に余りにも報われなかったように思えるけど、唯一彼女が得たものはひとりでも生きていける強さなんですかね。
人としては強くなったけど、その過程で失ったものはあまりにも多いし、強くなるために何かを失ってしまうのも悲しいです。
悲しいけど、娘が行方不明になったままだと先に進めなかったと思うので、彼女なりに決着はつけたのかなと思いました。

自分の世界観を描いてくれる絵師がいるのは羨ましいですね。
自分は描いてくれそうな友達もいないので、絵も文章も全部自分で描いてます。

2020/11/22 11:46 | 荒野のネチコマ(仮) [ 編集 ]


荒野のネチコマ(仮) 様へ 

そちらを読んで頂きありがとうございます。
書いている筆者としては、過去作を読んで頂けるのも、また違った感動があります。
誠にありがとうございます。

アルンに関しては、リスクを背負って失敗したというのが結論になります。
娘を取り戻せなかったのは勿論、アズクに関しても魔界に行ってしまって、親友もいなくなった。。。
・・・という話ですからね。
それでも人類は立ち上がって、生きていかないといけない。
その強さを見せつけてくれる作品ですね。


絵師に関しては、依頼して描いてもらってます。
本当は無償で描いてくれる友達が欲しい!!(笑)

2020/11/22 14:18 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/99-80524fbd

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード