2017・04
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2017/04/22 (Sat) 5話(10月6日12時 シンゲツ)

セントラル(昼)人物アリ800600 (2)
5話(10月6日12時 シンゲツ)





ルネ
「シンゲツ様、貴方のことは理解しております。
 理解した承知でお話させていただきます。


 このまま、私のところで静かに過ごしませんか。
 残りの余生、1~2か月を静かに過ごすのも良いと思います。
 魔王様には許可を頂きます。」




私の正体。
それこそ大量殺人。
そして、様々な場所でクーデターを仕掛けた。
それが私の生き様だった。



リース・ガザルベルクのみちびきによって。
私は様々な場所で殺し。
そして、殺しを扇動した。

その結果の国際指名手配。





そんな私の余生を静かに過ごすための配慮をしてくれる。

成程。
流石は魔王の愛人ということはある。
こうしたところの人心掌握術というものは大したものである。

こうやった裏の道に染まった者を取り込んできたのだろうし。
ルネを通じて魔王の忠実な僕になった者もあるのだろう。




その手腕。
さすがは魔王の愛人というところだろう。






シンゲツ立ち絵01


シンゲツ
「大変申し訳ないが。私も務めがある。
 死ぬまで務めは果たさなければならない。

 今更、降りることできない。」



ルネ
「・・・・・・決心はお強いのですね。」



シンゲツ
「務めがなければ、余生を過ごしても良かった。
 だが、私にもやらなければならないことはある・・・ということだ。」






務め。
リース・ガザルベルクの導き。


それを背くわけにはいかない。
確かに、人生40年。
沢山の人を殺し、リース・ガザルベルクに巡業した人生。


今更降りるわけにはいかない。
例え、不治の病にかかったとしても。

病弱で、もう動けない身体になったとしても、
リース・ガザルベルクの再生誕の為にも。







ルネ立ち絵01



ルネ
「そこまでしなければならない・・・。」



シンゲツ
「くどい。」





確かに。
普通の人。
他人や普通から見れば狂った思想である。
大量虐殺を容認する思想である。
人を殺すこと、人権侵害を求める思想。



だが。
私にとって。
ヒトというのは星の命を蝕んでまで生きて良い生き物だとは到底思えない。
私にとって人は星の生命の一部。
その人が星の命を蝕むなどあってはならない。


だからこそ、私のそのヒトの命の数を減らす。
そのために私は生きているのだから。




無論。
ルネやホープのような善人を殺す気はない。
殺される者は殺されるだけの理由があるものだけだ。

犯罪者。無法者。
そういった人物に限って私は殺している。
殺す者はその覚悟を背負った者でもある。


善人・悪人で言えば。
当然私は悪人。



その悪人を最後まで真っ当する。
リース・ガザルベルクの再生誕の日まで。





血飛沫1


シンゲツ
「道中、危険がともなうでしょう。
 家までお送りしましょう。」


ルネ
「最近。通り魔が流行っていると聞きます。
 無法者や犯罪者ばかりを殺している辻斬りがいると聞きます。」



シンゲツ
「ええ、ですから、気を付けて帰りましょう。」



ルネ
「・・・・・・・・・・・・・・。」





ルネの言いたいことは分かる。

最近。
この町で辻斬りが流行っている。
一刀のもとに殺されている。
生憎、殺されている者が無法者や犯罪者だったので取り上げられてないが。

それが私だということはルネは知っているだろう。



知っていつつ。
そして、警告をしつつ。
それを黙認する。


そこまでがルネの愛情の深さだと感じた。






感謝している。
人の優しさを感じている。
涙が出そうなぐらいに感謝をしている。


もし、死ぬのであれば。
確かに彼女の元で死にたい。
その感情はある。



だが。
その感情を超えてでも。
果たさなければいけない務めがある。



リース・ガザルベルク。
私の人生の導きを与えてくれた彼女のために。






・・・・・。








・・・・・・・・・・・・。














・・・・・・・・・・・・・・・・。

























こうして。
ルネと別れた後。
私はこの町を見やった。
このような歴史がある町ではあまり気が進まないが。。。

騒動を起こさないといけない。





シンゲツ立ち絵03


シンゲツ
「務めがある。それを果たさないといけない。」



魔王がここに来ている。
そして、リース・ガザルベルクの研究をしている。
そこから何かが暴かれると何かと厄介になる。



私たちがリース・ガザルベルクの信奉者が望んでいる災厄が発生しない可能性がある。



邪魔というか・・・。
牽制は必要な気がする。


もっとも。
今の私では力は限られているし。
騒ぎを起こすにしても限界がある。

そして、今の魔王であれば、何でも災厄を乗り越えるだけのパワーはあるだろう。





それでも牽制ぐらいはしかけておいて損はない。


大丈夫だ。。。
そこから足がつくことはないようにする。
40年間。
リース・ガザルベルクを信奉してきた。
そして、その名のもとに多くの知的生命体を殺してきた。

足はつかないようにするさ。。。。



未分類 | trackback(0) | comment(12) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード