2017・03
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2017/03/25 (Sat) 10話(9月27日13時 クロン)

職場(夜)人物アリ800×600
10話(9月27日13時 クロン)






シェクスピア
「・・・・・・クロン!!



 ・・・・・・・・・・クロン!!!




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・クロン!!!」







クロン
「・・・・・んあ?」





研究所。
リース・ガザルベルクの研究所。


どれくらいここにいたのか。
・・・・あまり思い出せない。



リース・ガザルベルクの遺したものが分かると。
そこから熱中して読んでしまっていた。




詳しい内容はともかくとして。
リース・ガザルベルクは本気で人類を滅ぼそうとしていた。
そのための策を色々練っていた。

様々なことを考慮に入れて。
時代も考慮に入れたのだろう。


それを予想して、様々な遺産を残している。
そのことは分かった、




・・・・・・・・・・・・・・・・・わかったのだが。









ドンドンドン!!!









ドンドンドンドンドンドン!!!!!



















どうやら来客がいるようだ。
誰だろうか・・・・ここにいるのを知っている人は少ない。


妻とじじいと愛人だけだろう。
そこから誰かに漏れた。
・・・・・・そう考えるのが一番なんだろうか。






まあ、いい。
じじいもここに通したのだ。
それなりの身分か私の知った人であるのは間違いないだろう。





ガチャ。











クロン立ち絵01


クロン
「・・・・・・・なんだ。シェクスピアか。」


シェクスピア立ち絵01


シェクスピア
「なんだとは何よ。」





シェクスピア・ノアール。
私の愛人である。。。。。



ちなみに正規の愛人であり、真っ当な愛人の方である。
いや、愛人に真っ当も正規もないような気がするが。
その言葉遊びはどうでもいいや。











妻のミルフィーユとは仲がいい。。。。
・・・・・・多分。

そのミルフィーユからここにいることを聞いたかか?
まあ、その可能性も高い。



それに。
シェクスピアはもともとここの研究者だったからな。
色々なところでここに突き当たる要因はある。
それを考えれば、不思議ではないか。







シェクスピア立ち絵02


シェクスピア
「げ。」



クロン
「どうした?」


シェクスピア
「無精ひげのクロンを初めて見た。」



クロン
「それだけ一生懸命だっただけだ。」





何日。
いや、何週間か。
食事だけは愛人からもらっていた。
どれだけ日数は経過していたか分からない。
それだけ研究に没頭していた。
それはちゃんとわかっている。


私が、ここを出たとすれば。
排泄ぐらいだ。それ以外で出た記憶はない。
それぐらいにこの場所を貸し切って、研究していた。




まあ、シェクスピアでなくても心配するのは分かるか。
その辺はどうでもいいのだが。

















クロン立ち絵02


クロン
「まあ、いい。入っていいぞ。」


シェクスピア
「・・・・・・・・ヘエ。」





言われるがまま入ってくるシェクスピア。
まあ、愛人と言われる関係だ。

今頃どうなるということもないのだが。













職場(夜)人物アリ800×600



シェクスピア
「じじいから聞いたけど。
 何の研究をやっているの?

 もう一週間家も政治もほっといて。」



クロン
「一週間?」




もう一週間も経過していたのか。。。
気づかなかったな。

あまりにも研究に集中し過ぎていたか。
まあ、それに必要な時間であったので。
どうでもいいのだが。





かなりどうでもいい話だが。
私は政治の区長もやっている。
いわゆる、国の内閣総理大臣だ。
だからこそ分かる。
1週間も行方不明になったら誰でもビビる。


それは随分と配慮がなかったな。
行方不明になっていたことに関しては反省をしないといけないな。






シェクスピア
「どうしたの?」


クロン
「マア、見ての通り。研究をやっていたんだ。
 それ以上に言うことはないな。」




それ以外に言うことはない。
研究に没頭していた。
リース・ガザルベルクの研究。
その研究に没頭していた・・・という以上に言うべきことはない。



それは誰が見ても分かるか。





未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード